ツレがうつになりまして。

初めてiTunesのレンタル。

 

ボタン1つで映画がパソコンであったりテレビにやってくる。

なんと恐ろしい世の中。

 

中学生が「俺んちTSUTAYA近いし!」ではなく

「俺の家の光回線鬼早いし。」

になってしまう日が来るのか。。

なんてどうでもいい事を思っております。

 

映画の感想としては

「映画」というよりドキュメンタリー?

って感じじゃないかな。

 

うつ病とはどういうもので,接し方はこうである

って感じのいわばガイドブック的な。

よくあるバッドエンドでもハッピーエンドでもない。

実際問題「この映画を1500円払って観るか。」

と聞かれればそれは。。。

だし,せっかくならアクションだったり話題作を観たい。

となることは毎違いないかなぁー。

 

ましてや映画デートの選択肢じゃこの映画は選ばれない。

 

そんでもって

「頑張れの禁止」であったり「味覚障害」

のところはうつ病を知らない人には堺雅人のやってる事が

なんのこっちゃわからない。

 

といった感じになるんじゃないかなぁー。

 

何というか。。

DVDなら観るけど,映画館で観たらがっかりしてしまう映画の典型例。

役者さんの演技は文句なしなんやけどなぁー。

面白かったけどそれだけで,観た後に何にも残らない

 

「あっ。終わった」

 

って感じになる映画かな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中